プロジェクトの概要
Magical Tripは、”Travel deeper with a Local Guide” をコンセプトに、主に欧米から来日する外国人旅行者の方々へ、「その土地の人や文化と密接にかかわることで得られるユニークな体験」を提供するサービスです。現在は、東京・大阪・京都・広島・新潟でユニークな体験を提供しており、Magical tripの主な特徴としては、ツアーに参加されるお客様とローカルガイドがツアーを通してより深く交流できるよう、最大6名のお客様で構成されるスモールグループでツアーを催行している点にあります。
私は外部ブレーンとして2017年よりMagical Tripにデザイナーとして参画し、webサイトの機能強化やツ販促、ツアーメニュー表などさまざまなコミュニケーションにまつわるデザインを中心に担当しています。
WebポスターのA/B テスト
Magical Tripではさまざまなツアーがwebポスターという形で表示されており、ユーザーはそのポスター情報とツアータイトルをまず最初に見ることでそのツアーが自身が求めているものかどうかを判断する仕組みになっています。
私はデザイナーとしてまずはそのwebポスターのクオリティ管理を任されました。Magical Tripには私が参画するまでデザインをコーダーやエンジニア自身が行っていたこともあり、グラフィックそのもののクオリティにまず問題があったからです。Webポスターを順次あたらいいものに更新していく中で、とくに写真のレイアウトがCTRに大きく影響しているかもしれないということが判明したため、A/Bテストを実施することにしました。
私の経験から以下の仮説を立てました。


仮説
複数枚の写真が並んだとしても、それが決してユーザーにとって内容がわかりやすいわけではない。
Webポスターは比較的小さな画像サイズで表示され、画像の上にはツアータイトルも記載されることから見やすくわかりやすいものである必要がある。
上記2点を改善できればCTRが改善されるはずである。

提案されたソリューション
上記で述べてきたように、仮説を証明すべくA/Bテストを実施することになりました。以下はA/Bテストのレイアウトです。
WebポスターのA/Bテスト結果
A、CまたはEのレイアウトが効果を発揮することが判明。つまり写真を1枚、または多くても写真を2枚までにとどめて大きくイメージを見せることで訴求した方が効果があることがわかりました。ツアー内容に応じてA、C、Eのレイアウトを定型レイアウトとして使用することになりました。
結果を反映して再度Webポスターをリデザイン。その結果CTRが150%上昇し、ユーザーがツアー詳細ページに進むことが促進される結果が確認されました。

ツアー詳細ページに進むことで、CVRも120%改善され、大きな効果をもたらすことになりました。




その他のデザイン
旅館や省庁などに置くフライヤーなどの紙媒体のデザインも担当しています。
海外へのユーザーに対してのデザインは日本でよしとされるデザインのそれとは違います。国外のクライアントワークを通して得た経験から、訪日外国人の心を揺さぶり、また異なる文化で生活する彼らが使用するにあたって支障が出ることのないデザインを心がけています。
ソリューション
Magocal Tripはまだまだ成長期にあるサービスです。次のステージへと向け、まだブランディングやUI/UXといった改善点も多岐に渡ります。ユーザーの問題点をカバーするあらゆる種類の機能を追加する必要があると感じています。
Client
Magical Trip
Industry
Travel Agency
Project
UI, Flyer, Banner
Year
2017-2020
Back to Top